やっと関東エリア 栃木県に入った。。白河の”関”(IC)を超えると。。那須高原

ここで少し甘味を取って気分転換。。那須岳は上部残雪であるが、
ここでは栃おとめソフトアイスを頂いて・・おしゃれな レトロバス
(アメリカ製)を見物。。東北道のSA PAの中ではここが一番・・
・・おしゃれかもしれない。。宇都宮ICで降りて いつもの下道 真岡から
下妻経由で帰路としよう。。高速代も安くなるし。。
DSC_0472 (1).jpeDSC_0473 (1).jpeDSC_0476 (4).jpeDSC_0474 (2).jpeDSC_0475 (1).jpe

今は亡き親父が唯一父子で連れて行ってくれた 北湯沢のスキー場。。

昔は胆振 伊達線とか?忘れたが北湯沢に鉄道が通じていた。。
それは日高線以上ずうっと前に赤字路線で閉鎖廃止された。。
ホロホロ山を過ぎてトクシュンベツ岳が見える手前が北湯沢駅。。
大滝方面から流れる渓流に沿ってくねくねした線路上を機動列車2両編成位で
走っていた記憶だ。。そこに向かっても今回は走ってみる。。右手中央の平ら大きな雪山が
ホロホロ山その先道路先端右奥が三角ピラミッド型の綺麗な山体 トクシュンベツ岳である。。
北湯沢スキー場は冬季は今でも営業しているはずだ。。親父と弟と降りたスキー場前の
北湯沢駅。。どの位置にあったのだろう??55から58年前の記憶のタイムスリップ。。
やっぱ私は北海道人らしい。。ホッとする。。写真右端が今回越えてきたオロフレ山系とおもう。DSC_0433.jpeDSC_0439.jpeDSC_0435.jpeDSC_0436.jpeDSC_0437.jpe
DSC_0438.jpe

今回の帰省でふるさとに多々感じる。。 心の思い、場所。。

故郷の山に向かいて いうことなし。。故郷の山はありがたきかな。。
学生時代夏は涼を求めて 札幌近郊峠までバイクでよく来た。。分水嶺になる
尾根と同じなので高い山がどちら側にあるかでも川の源 沢の流れが二方向
三方向に分かれる、、雪解け時の沢 水芭蕉や フキノトウの湿地帯はきれいな水であった。
中山峠から見上げるたおやかな平らな山 ムイネ山は1500m近い高さでも見るたびほっこりする。
熊も多いが札幌と喜茂別方面の分水嶺の一つである。。

札幌近郊真駒内から支笏湖に向かう途中で滝野霊園がある 広い霊園はいろんなお墓が許されていて
宗教も関係ない 祖父が祖母が父がこの恵庭岳や札幌丘陵地を見渡す霊園に静かに眠っている。
私もここで最期は静かに眠りたい。。

小学生の低学年を過ごした日高静内町 日高本線がまだ札幌まで3両編成以上でオレンジ色とベージュ色の古い
ディ-ゼル列車の準急や急行エリモが必ず止まった静内駅。今は駅前ロータリーはサラブレッドのオブジェで
列車代行高速バスや中距離バスのステーションではあるが ホームに入ると 短く屋根のあった札幌 苫小牧方面の
上り2番線ホーム。
この屋根の下で何度 家族や友人と札幌方面へウキウキして列車に乗ったろう・・今はその屋根も支柱が錆て
立っているだけ。。目をつぶると ディーゼルエンジンの列車が近づき ガタゴトと本線にポイントを乗り越え
一直線に走って行く風景が見えて来る・・ありがとう日高本線 日高線 反対の浦河様似方面でエリモ岬も
行ったっけ。初めて下り線に乗って海岸ぎりぎりと時々山側に見えるきれいな牧場 サラブレットや黒毛牛たち
のんびり草をはぐくんで。。のんびりな鉄路はこの沿線上りも下りも約100km変わらない。。今はその線路も
あちこち鉄橋も朽ち果てていた。。

その静内の川の上流 桜の二十間道路がある牧場付近から なんとそれら牧場や緑の農耕地を見渡せる
小さな峠ができていた。。展望台から道がやや登り高さ200mを越えたら下って隣町東静内 三石方面に抜ける
農道バイパスになっていた。。子供のころは無かった道・・日高地区のアクセス道路は海側だけでなく内陸
山側でも延伸 便利になったのは有名なサラブレッドたちのはぐくむ大きな牧場 馬主の投資もあったからか??
DSC_0294.jpeDSC_0285.jpeDSC_0301.jpeDSC_0381.jpeDSC_0380 (1).jpeDSC_0383.jpeDSC_0356.jpeDSC_0357.jpeDSC_0358.jpe
DSC_0382 (1).jpe

今回のコースを振り返って。。

DSC_0297.jpeDSC_0295.jpeDSC_0293.jpeDSC_0271.jpeDSC_0268.jpeDSC_0284.jpeDSC_0310.jpeDSC_0311.jpeDSC_0317.jpeDSC_0328.jpeDSC_0325.jpeDSC_0340 (1) (1).jpeDSC_0342 (1) (1).jpeDSC_0321 (1).jpe5/1*夕方仙台発>苫小牧行きフェリー(途中いわき四ツ倉付近で震度5の地震遭遇)15時 山形からの級友がお見送りに。。再会。二人で軽食タイム。
5/2*苫小牧上陸>支笏湖南岸経由>喜茂別友人先立ちより>尻別岳(前方羊蹄山)蝦夷富士(後方羊蹄山)仰ぎ見>中山峠(標高890m越え)
休憩時 CQ 後方羊蹄山麓京極町のOMと145MHZFM交信会話。。軽食昼食を車内で まだ真冬の山体 無稲山 の白山を仰ぎ見。。まだスキーができてる模様>下り 札幌岳 空沼岳を右に見>豊平峡ダム入口から定山渓温泉経由>札幌真駒内 滝野霊園で親父先祖母をお参り。>藻岩山には登らず>>初日移動疲れの為 市内中心部ビジネスホテル泊。
5/3* やや晴れ間も見え 先に丘珠地区級友先訪問後 札幌中心部を山上峠から見るため 円山<>盤渓間の幌見峠370mに上がり 二日目の移動運用。145MHZが主の北海道は 結構局がいた。。夕方在宅となる実家主人に合わせ時間調整 あいの里の幼馴染と電話で少し会話する。。
予定の時間に実家着。夜はジンギスカンパーティ!夜は久しぶりの親族麻雀大会で盛り上がる。
5/4*手稲山スキー場オリンピアハイランド550mに上がる。ここで 実家篠路地区の街並他石狩地区の新港 繁栄模様をじっくり見おろし 遠くの暑寒別岳山地 夕張 芦別岳等見ながら また移動運用CQ!かなりの局と交信し (昼間寝てしまう母の見舞も不可のため。)時間調整して夕方近くに親族が仕事からも戻る実家へまた向かう。実家二泊目 二日目も母の希望で麻雀大会二日目。。母のまだらボケもなぜか治る。。
5/5*フリータイム一泊旅行としてもらう。。日高道で様似方面に向かい アポイ岳は悪天候で素人登山注意勧告で>三石に戻り 静内小学時代の
親友先 今は昆布漁師先訪問。感動の50年ぶり再開!日高昆布他お土産いただき 静内散策 日本桜並木百選 二十間桜並木を見物、夕方まで
懐かしい小学校他静内町内散策 車中泊天候不順でやめ 安宿に一泊。。
5/6* 往路日 早朝出発胆振に戻り 樽前山太平洋側から拝み>登別から洞爺湖方面一番行きたかったオロフレ新峠 オロフレ山春山登山!?? 降雪積雪大!コロナ禍で山開き中止延長で諦め >洞爺湖>昭和新山>北湯沢>美笛峠越え>支笏湖北岸>苫小牧フェリー埠頭へと一日強行ドライブ。。19時発仙台行きフェリー乗船で帰省札幌近郊行は終了。。
5/7*朝10時半仙台着から往路とは別の東北道経由で自宅帰還。17時着。総トータル走行距離約1700km 使用機材 ダイハツ・アトレー・ターボ・RWDワゴン 平均燃費11.8k/m。軽ワゴンだからどこでも車中泊 休憩 車内食事もできるのだ!良く走った軽ワゴン660CCの実力はすごい!
いくつの高速道 道道 local峠道を超えたのだろう。。良く故障もせづ走り切ってくれた。。久しぶりの長距離ドライブ単独旅行帰省であった。。

5/6 夕方復路仙台行きフェリーも 前回同様 いしかり丸 だった。。 締めぐらいはラーメンで!

丁度良い時間に 苫小牧復路フェリー先に着く。。
乗船前の最後の締め位 北海道限定 ホタテ塩ラーメンで
小腹を満たす。。さてまた15時間の暇な船旅。。
ゆっくり ジャクジー大浴場でくつろごう。。
多分日高からの一日山岳巡り強行軍。。よく眠れそうだ。。DSC_0450.jpeDSC_0449 (1).jpe

遂に今回のGW帰省行程での最後のコースはいつもの支笏湖。。

DSC_0445.jpeDSC_0446.jpeいつもフェリー帰省も バイク帰省も 飛行機帰省でも
レンタカー等移動体があればまず先に支笏湖に立ち寄り
チップヒメマス定食食べて札幌入りする。常連コース。
今回も上陸初日 喜茂別まで行く際は支笏湖南湖岸経由 美笛峠経由で
スタートだが。今回は三密回避食事は外食遠慮してこの支笏湖にまた
戻ってこの景色を目に焼き付け次回の帰省に夢焦る。。
さようなら 札幌 みなさんありがとう。。
次回は何とかマスク越しで無い会話をしようぜ!!

日高から胆振に戻り。。樽前山を海側から見て 登別>オロフレ峠>洞爺湖と廻る。。

夕方フェリーの復路帰還仙台行き19時出航に間に合うよう。。
懐かしい胆振春山巡りをする。。美しい景色には自然の猛威もある先だ。
1000m以上の山体たちは皆まだ残雪でありこの時期やっと晴天に
恵まれ道南の景勝に触れてみた。。しかし マイナーな洞爺湖温泉も
約20年前の山体外水蒸気爆発で死傷者も多々出た(有珠山山麓噴火!)は
当時衝撃で有り。当時仕事の関係で私の連れも洞爺温泉町に出向していたので
大変な大災害を逃げ惑う経験をした先なのである。今回は私コロナ禍の中の
帰省強行軍であり単独でのフェリー帰省であるが連れの居たこの洞爺湖町
とんでもないところでの爆発噴火で土地の隆起 陥没 地すべり 山体崩壊
等の土砂崩れ。。これもあの大震災の前触れかとも狭い日本列島エリアでは
関連が学者たちが無い!と言っても私は火山地震国日本列島の活動が続いていた!DSC_0423 (2).jpeDSC_0412 (1).jpeDSC_0415 (1).jpeDSC_0411.jpeDSC_0422 (1).jpe
と思う。。被災遺構の傷跡が公園や散策路になっている。。まさに地殻変動
ジオパークである。。時間が無かったので隆起し旧国道230号線が沢川に
せき止めが生じ 新しくできた沼に水没した先のみ見てきた。。あちこち
洞爺湖温泉町の近郊で起きたとんでもない水蒸気爆発の新火口群。。水が
溜まって小さな火口湖になったところもあるようだ。。彼女も避難や仕事がら
医療関係の為入院者等の移動に翻弄したと聞いた先である。

三密回避の札幌帰省は三日目 親族の付き合いから離れ 行きたいところへ行く。。

DSC_0382 (1).jpeDSC_0350.jpeqrcode_www.facebook.com.pngDSC_0365.jpeDSC_0364.jpe昔 小学生低学年時、親父の転勤で住んでいた 日高 静内は今 三石町と合併し
”新ひだか町”になっている。。隣の新冠近くまで日高道が延伸したので 日本桜百選の
静内二十間道路の桜並木は5日まで桜まつり。。強風曇天の中行ってみる。。
天気が良ければ様似のアポイ岳をハイクしたかったが 様似方面に向かう度 次第に雨も
風も強くなり悪天候ではアポイ岳は無理!手前の三石の級友先を訪ね 今の仕事の昆布漁業
の合間 天気が悪いため漁に出れずの友の先に、数十年ぶりに尋ねる。。花咲く昔話にマスク
しながら・・酒無しで。。
大いに盛り上がる。お土産に高級昆布他 いただいてしまう。。年賀状続けていてよかった。。
そして 天気のまだ良い静内を散策 風で花吹雪状態だったが 数キロ続く蝦夷山桜の並木は
圧巻であった。。懐かしい小学校は当然新しくなっているが同じ場所で 近くで遊んだ静内川
や対岸のマウタ山のアイヌのシャクシャイン像もそのまま。。55年前に浸っていた。。
ただ三石も静内も当時 日高本線で国鉄の列車が札幌まで行っていたが今は 度重なる
海の大浸食 線路が海ぎりぎりなので 各所で崩落 先の東日本大震災の津波もややかぶり
その後の台風等で山側が崩れるなど 単線ローカル日高線も乗る人もいなく高速道が伸びたため
廃線に数年前になっていた。。さびた草ぼうぼうの線路が涙と哀愁を誘う。。
DSC_0477 (1).jpeDSC_0363.jpeDSC_0377.jpe

いつも乗船WELL CAM 下船前数時間 ロビーで綺麗なドレスの女性がかなびくピアノ・・

はやはりクリスタルとうめい。。
今回はこの演奏も無し。。カウンターのドリンク
軽食コーナーはやっているが おいしいマリンコーヒーを
飲みながらピアノ演奏を聴く時間も中止か??せめて
風呂上がりの大型マッサージチェアーでリラクゼェーション・・。。
翌朝は持参のコンビニ朝食モーニング時操舵室映像モニターで。。
DSC_0247.jpeDSC_0250.jpeDSC_0249.jpeDSC_0257.jpe

さて今回の船はリニューアルした新石狩、船内飾り物もゴージャスだが マリンLADYも・・

さすが長距離 苫小牧・仙台・名古屋を行ったり来たりしてるので
飛行機のCAさん並のお綺麗なスタイル抜群の女性スタッフが
おもてなしていただける。。
15時間強の船旅も本来ならリッチ のびのびであるが。。 コロナ禍では
船内の管理も厳しく ソーシャルデスタンス レストランの人数制限
マリンシアターやコンサートも ラウンジのピアノ演奏も無し。。
せいぜい 大きなジャグジー風呂でのんびりと。。。DSC_0238.jpeDSC_0243.jpeDSC_0248.jpeDSC_0244.jpeDSC_0242.jpe

 5/1出発。 初めての軽ワゴンの仙台>苫小牧フェリー帰省である。

予定通り出発したが。。なんと”いわき四倉あたり”北上中 高速で
”横風で無いハンドルのフレ左右を感じた。。”と同時に車内のTV&
携帯も緊急地震情報が雄たけびした。。仙台震度5代 福島いわき付近も
4から5の強い地震だったのだ。。天気を気にしたら 今度は途中で大地震??

ついてない。。早速パトカーがどこから出てきて 50KM/h程度の速度規制となる。
さらになんと相馬<>その先宮城山元インターまで道路点検で通行止め。。順調な
常磐道は渋滞も無かったのに。。これで仙台港への到着が相当遅れた・・。
新幹線もしばし大宮盛岡間停止した。GWの先がげが大地震。。むかつく。。
しかし 山形の級友 学友が連絡どおり山形から見送りに来てくれた。
山形もやや揺れたらしいが全く2月 3月 4月 5月立て続けに宮城
福島 茨城 千葉沖の震源地震が続いている。。もう少し 今回の震源が
浅かったら多少の津波は来たらしい。。フェリーも緊急外洋待機であり
全く出鼻をくじかれたが。。津波は無く フェリーは予定通り出港である。。
ここまで燃費もおかげで11.73k/L まずまず。友人とも数年ぶりの楽しい
マスク越しの会話楽しんだ。。ありがとう。。DSC_0229.jpeDSC_0234.jpeDSC_0235.jpeDSC_0233.jpe

4/29 帰省の準備を・・。

北海道での花見&ハイキング用のリュックサックも必要なもの詰めた。
万一の連絡用トランシーバー二個も充電 手土産はカラフルな買い物バックに
詰めた。。後は実家滞在中の着替え衣類等今日中に詰め込み 車に積んじゃおう。。
方位計や高度気圧計は腕時計にビルトイン カシオプロトレック時計で十分。。
IMG_20210429_131833.jpgIMG_20210429_131500.jpgIMG_20210429_132904.jpgIMG_20210429_131450.jpg

GW週末から。。母殿のもとへ 二年半ぶりに帰省します。。登別クッタラ湖経由で。。

次々老若男女が感染し 昨日国内のコロナ感染による
医療遅れ等で1万人が昨年発祥の二月から
著名人含め亡くなりました。。明日は年齢的にも
我身にも降りかかるかもしれない。。92歳の母も
ずうっと私が帰省するのを待っています。。
3年前の秋、帰省した際 足腰の衰えた母を連れ
登別へ家族親族旅行しました。。そのクッタラ湖の
ブルーの瞳のような湖を見て札幌に向かいます。
地獄谷に近い温泉ホテル泊は母もカラオケ歌って
喜んでましたね。。何の親孝行もできず私も
60代半ばになってしまった。。
自分の生き様見つめ直しながら帰省します。。mm9w7znlg4ui0k2s.jpg181027_1525~02.jpg181027_1408~02.jpg181027_1540~01.jpg181027_1451~01 (1).jpg

コロナ禍は 終息どころか。。変異株多数世界各地を増殖感染中!!なぜ繁華街に出たがるのか?

若い奴らの考えがわからない!再三の重篤化を防止するため三密の原因を
作る 首都圏繁華街には出て来るな!!都知事は東京に来るな!!!と言っている。
出ていけ‼渋谷 新宿 銀座 浅草のうろちょろ共!!!とは 都はまだ言っていない。。
ロックダウン都市間閉鎖!を短期でもやれば 一番効果大と思う時期!電車も
バスも全て止めたら??日本は政治家も行政も変なところで甘すぎる!!
企業活動の停滞もやむなき時期かと思う。。大変な危機なのだ!。。
著名な料理人 神田川さんも 感染で亡くなったそうだ。。
だから私は バイクを使い 自転車を使い スクーターを使って 短時間で
プライベートの用を足す。https://www.facebook.com/rvq.yoshiyuki/posts/481637526513621GWはもっと風の中 大自然の中へ キャンプ
含め 疎開してやる。。IMG_0225.jpg

今夜の夜空は美しい。。数日続いた強風と大雨。。空気が浄化されたか?三日月明るい!!

いつもの夜の入浴前のお散歩!
相変わらず 羽田へ向かう航空機の窓は。。東京夜景と
三日月の空からの見上げがきれいだろう。。
地べた下界DSC_0204.jpeDSC_0205.jpeDSC_0206.jpeDSC_0207 (1).jpeDSC_0210.jpeDSC_0212.jpeからでもきれいな三日月。。
帰宅後の入浴 洗い場で腰かけても網戸越しに
見えたのは。。最高の春の三日月風呂である。。
我が家にて。。きっとあの人たち あなた達も
今夜は見上げてくれたらと。。

やっと数日ぶりに晴れたが。。強風丸一日。。でも 地元の春を探しに。。

少したまには別の場所で散歩しよう。。
連れと二人で 行方の前方後円墳を散策。。強い風が
余計古墳上部で二人とも体支えあって霞ヶ浦他茨城の
景色を眺めてみる・・食事は 大洗港近くで海鳴りを見て
海鮮丼を美味しーくいただく。。我々は越境していない。。
県内をこれからも二人で散策しよう。。初夏恋し。。
DSC_0203.jpeDSC_0202.jpeDSC_0201.jpe

今日の有休 自宅作業は。。お風呂の網戸手直し。。

以前小さな穴が空き ガムテープで目張りして使っていたが ヤッパ空気が湿気も多いので
はがれやすくなる。。虫もあちこち出てくる季節。。入浴中の入り虫は気色悪い。。
一応古い網が丁度のサイズで余っていたのでもうそれをさらに外側に貼り付け、
二重にしてみた。。ふさがっているガムテープのサンドイッチにもなるので見てくれは
良くないが二重でしばし様子見よう。。網戸ゴム用工具はやっぱ安いし便利。。
IMG_20210412_174014.jpgDSC_0185.jpeDSC_0184.jpe